AtomのMarkdown Previewで数式を表示


このページは以下のURLに移転しました。5秒後に自動で移動します。
新URL: https://note.nkmk.me/atom-markdown-preview-math/

ビルトインのatom/markdown-previewからフォークされたmarkdown-preview-plusを使う。MathJaxを利用して数式をレンダリングしてくれる。

  • markdown-preview-plus

    Markdown Preview Plus (MPP) is a fork of Markdown Preview that provides a real-time preview of markdown documents.

  • MathJax

    A JavaScript display engine for mathematics that works in all browsers.

インストール

公式(GitHub)のインストールガイドを参考に。

  1. markdown-preview-plusmathjax-wrapperをインストールする。mathjax-wrapper のインストールは時間がかかる。

    1
    $ apm install mathjax-wrapper markdown-preview-plus
  2. 設定でビルトインのmarkdown-previewDisableにする。

使い方

  • Toggle Preview: ctrl-shift-m
  • Toggle Math Rendering: ctrl-shift-x

デフォルトではctrl-shift-mのあとでctrl-shift-xをコマンドしないと数式がレンダリングされない。設定のEnable Math Rendering By Defaultにチェックを入れると、ctrl-shift-mで数式もレンダリングされるようになる。

書き方

数式はLaTeXコマンドで記述する。

ブロック

$$で囲む。

1
2
3
$$
R_{\mu \nu} - {1 \over 2}g_{\mu \nu}\,R + g_{\mu \nu} \Lambda = {8 \pi G \over c^4} T_{\mu \nu}
$$

$$
R_{\mu \nu} - {1 \over 2}g_{\mu \nu}\,R + g_{\mu \nu} \Lambda = {8 \pi G \over c^4} T_{\mu \nu}
$$

1
2
3
4
5
6
7
8
9
$$
A = \left[
\begin{array}{rrr}
a & b & c \\
d & e & f \\
g & h & i
\end{array}
\right]
$$

$$
A = \left[
\begin{array}{rrr}
a & b & c \\
d & e & f \\
g & h & i
\end{array}
\right]
$$

インライン

$で囲む。

1
オイラーの公式は,$ e^{i\theta}=\cos\theta+i\sin\theta $。

オイラーの公式は,$ e^{i\theta}=\cos\theta+i\sin\theta $。

関連記事